紙媒体に書かれたURLはGoogleレンズで簡単にアクセス

lens

プログラミング関連の本などではサンプルデータが用意されていることがほとんどですが、中には長いURLのものもあり、打ち込むのが面倒ですよね。

そんな紙媒体の地味に長いURLもGoogleレンズを利用すれば実際に打ち込むことなくURLへアクセスすることが可能になります。

GoogleレンズがURLを自動で検出

Google-Lens-read-URL

やり方は、Androidスマートフォンのカメラアプリを立ち上げて、Googleレンズへ切り替え、URLがすべて映るようにしてシャッターボタン2を押します。

そして下のタブの「文字」と書いてあるところをタップすると、自動的にURLを検出してくれます。

ここで表示されるリンクをタップすると目的のページが開くので、開いた後は好きな方法でリンクをPCと共有すれば、PCでサンプルデータをダウンロードすることが出来ます。

リンクの共有は拡張機能PushBulletが便利でおすすめです。

このページの情報は以上になります。