Pixel 6aの詳細情報がリークされる

Pixel 6の廉価版、Pixel 6aが米国キャリアの在庫システムに登録されました。Android Policeが報じています。今までの流れと共に考えるとPixel 6aの投入は確実かつ間近に迫っていると思われます。

リークされた見本

Pixel 6a スペック

本体の見た目についてはリークされた見本通りのものとなるとされています。本体サイズは152.2 x 71.8 x 8.7mmとPixel 6の158.60 x 74.80 x 8.9mm.よりもわずかにサイズダウン。背面カメラの出っ張り部分は厚さが1.7mmとのことです。

カメラについては標準カメラと広角カメラの2つで望遠は不搭載。妥当なところです。ただ、カメラセンサーについては今回Pixel 6シリーズに搭載されたものではなく、Pixel 5と同様のセンサーになるようです。このセンサーは2018年発売のPixel 3に搭載されたもので、現時点ではかなり古いものになっています。標準カメラのセンサーは解像度12.2MPのSony IMX363、広角カメラについては解像度12MPのIMX386となります。

まだ確実ではないとしながらも、Pixel 6 ProおよびPixel 6に搭載されているGoogleが4年かけて独自開発したTensor GS101チップが搭載されるものと思われます。

在庫システムへの登録が済んでいるため、発売時期は例年より前倒しの5月中旬と目されています。

気になる価格は、過去シリーズの$449-$499と同様になりそうです。

まとめ

Pixel 6が$599と良好なコスパのため、カメラの性能を落とした$449-$499がどれくらい魅力的なのかはちょっと疑問がのこるところ。推移を見守りたい。

ソース:Android Police